到着したテナーに失望

ヤフオクで落札したニッカンインペリアル。本日自宅に届いて、梱包をほどき、いよいよご対面♪となったわけだが、いきなり意気消沈。この凹み。なんなんすか!思いっきりぶつけて凹んじゃってますやんか!こんなの商品説明にはなかったし、アップロードされていた写真にも写す角度の関係できちんと写り込んでいなかった。本文には大きな凹みは無いと書いてあったが、この凹みを大きい凹みと言わずして何と言う?

さらにはネックのオクターブキーの支持部が破損している。ぐらぐら。こんなの明らかに破損じゃないか。商品説明には破損は無い、って書いてあったじゃないか!

意気消沈する中、とりあえず試奏してみる。

うーん、なんじゃこりゃ。ぜんぜんあきませんやん。音楽にならないし、低音部なんて全く鳴らない。これは修理が必要だけど、どれくらいかかるんだろうか?行きつけのサウンド風雅大阪店の店長に電話すると、見てみますよということであり、さっそく足を運ぶことにした。

日本橋近くのサウンド風雅。テナーの定期的な調整をお願いしている馴染みのお店。

早速店長に楽器を見てもらうと、開口一番「これは・・・」ということで、かなり酷評されそうな感じ。

で、少し見てもらっただけで結論が出ました。

「これ、修理しない方がいいですね」  思わず、笑ってしまいます。

オーバーホールが必要で、その場合10万円が必要だけど、この楽器をそれだけかけて修理してもその金額では売れない、とか、この楽器はそんなにいい音がしない、とか、まあいろいろとあって、私も早々に修理する気が失せてきました。

さすがに10万円かけるくらいなら、もっとまともな楽器を最初から購入することができるし。

となると、このテナー、どうしましょう・・・。

 

やはり商品説明と異なるものが出品されていたわけだから出品者にクレームとして返品・返金してもらうのが筋だなと考え、帰宅途中に出品者にその旨をメールで連絡してみた。しかしながら帰ってきた返事は、「返品はご容赦」だと。こちらが控えめに言ったので少しなめられたからなと思い、きちんと筋を通してこちらの意見を述べ、それでも誠意がない場合はオークションIDの評価を最も悪いものにするつもりであることを改めて伝えると、返品了解、返金するとの返事が来た。

 

オークションでこんなことになったのは初めて。出品者は良い評価が500を超え、悪い評価が一つもない方だったので、評価について言及したのは効果的だったのかもしれない。商品がジャンクであるとか、出品者の検品の見落としや商品説明の漏れがあってもノークレームノーリターンというような記載が商品説明欄にあれば、今回のように私がいくら言おうともだぶん私の方の分が悪かったと思う。

まあともかく、とりあえず今回の落札は無かった、ということになったということで決着したのは良かった。

 

では・・・、博多用テナー、また別のものを物色しなおすとするか。でも、もうヤフオクはやめとこうかな、同じ思いするの嫌だしねー。